二つのメジャーな方法

診察

気軽と本格的な施術

顔を小さくするための整形をしたいのなら、小顔になる方法を調べるだけではなく、施術後に必要なダウンタイムについても正しい知識を持ちましょう。ダウンタイムのせいで、しばらくは普通の生活が送れない可能性もあるため、働いている方はとくに気をつけなければいけません。施術を受ければ、ダウンタイムは必要となるので、小顔整形とセットとして考えるべきでしょう。整形を使って小顔になる方法はいくつもありますが、それらのダウンタイムに共通するのは、血行をよくしてはいけないことです。普段の生活ならば、血の巡りをよくするのは、健康にとっては大きなプラスになるといわれています。しかし、小顔整形後の多かれ少なかれキズがある状態では、血行をよくする行動は、出血を促したり、腫れを長引かせたりする原因になります。そのため、お酒や運動を控えることが推奨されているので、正しく守ってダウンタイムを過ごしましょう。なお、施術によってダウンタイムの気をつけるポイントは変わりますが、前もって医者から説明があるため自身で調べる必要はありません。整形を活用して小顔になる方法を探していると、エラを小さくする施術方法の紹介をいくつも見つけられます。その施術方法の中で、多くのクリニックのメニューに記載されているのがボトックスとエラ削りです。どのような小顔になる方法を選べばよいか分からないなら、まずはこの二つを比較検討してみましょう。シワ取りに使われるボトックスはエラにも利用ができ、注射をするだけというとても簡単な施術です。ボトックスの成分を利用して、エラの筋肉を小さくすることで小顔を実現してくれます。安い料金で利用ができますが、一定期間で効果が切れるため、維持したいのなら定期的に注射をし直さなければいけません。一方のエラ削りのほうは、顔をメスで切って、中にある頬骨を直接削るタイプの施術です。ただし、顔といっても見える部分ではなく、口の中から施術を行うことになるため、メスの傷跡が残ることないので安心しましょう。費用はボトックスよりもずっと高いですが、その代わりエラ削りで得た効果は半永久的です。

Copyright© 2018 小顔になる方法で理想の自分になろう【小顔整形を利用する】 All Rights Reserved.